体調不良 原因

季節の変わり目に体調不良になる原因とは?

季節の変わり目に、急に体調がおかしくなったりしませんか?
神経痛や肩こり、頭痛、なかなか自分ではどうにも出来ないものですよね。

 

実は、体調不良には自律神経と密接な関係があります。

 

冬から春へと変わる暖かくなる時期や、雨が降り続き湿気が酷くなる梅雨の時期です。
夏から秋に変わる少し肌寒くなる時期も関係しています。
この季節の変わり目に、体調を崩しやすくなる人が多く見られます。

 

私たちには、体の熱を逃がさないようにしたり、体の熱を放出したりする機能があります。
ですが、季節の変わり目など気温の変化が激しい時期は、機能が上手く働かずに体調不良になってしまうのです。

 

人間の身体が急激な温度変化にすぐ対応できるのは、5℃以内までとされています。
5℃以上の変化を繰り返し受け続けていると、だんだん自律神経が狂っていってしまいます。
その結果、様々な体調不良を起こしてしまうのです。

 

他にも、人間関係や、仕事のプレッシャーなどで精神的なダメージを受けたりします。
昼夜逆転などの不規則な生活、不摂生も自立神経のバランスを乱す原因になるのです。

 

自立神経失調症は、精神的なダメージや過労が引き金となって自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。
それを防ぐには、普段から休めるときは休む、必ずリラックスタイムをとるようにしましょう。

 

仕事の終わりや週末には、趣味などでリフレッシュすることが大切です
しかしあまり夜更かしをしたり、好きなものを食べてリフレッシュする方法はあまり良くありません。

 

規則正しい生活をおくりながら、自分のリズムを見つけましょう。

 

自律神経失調症は放っておくと、他の病気も引き起こします。
くれぐれも自己判断をせずに、原因不明の体調不良が続くときは早めに病院へ行きましょう。
症状に合わせた診療科を受診し、早め早めの対策をとりましょう。