体調不良 治し方

辛い体調不良の原因と治し方

病気ではないけど、なんとなく体調が優れない状態を、「半健康状態」と言います。
この症状の原因は、どこにあるのでしょうか?

 

疲れがとれない、だるさなど、原因不明の体調不良が続き心配になることがあります。
そこには、ひとつの可能性として、天候と自律神経の関係が挙げられます。

 

天候が悪いと体調不良を訴える人はたくさんいます。
気圧の変化、気温や湿度の変化など、外部環境から強い刺激を受けると自律神経は乱れやすくなります。
梅雨の時期になると、急に体調不良の方が増えるのもこのせいだと考えられています。

 

このような不快な状態はすぐに取り除きたいものです。
少しでも辛さが治まるように、改善法をご紹介します。

 

不規則な生活

自律神経にとってマイナス要因となるのは、不規則な生活です。
規則正しい生活、睡眠や食事のとり方を心がけるのが理想的です。
分かっていても、急に環境を変えることはなかなか難しいものです。

 

しかし、例えばすっかり夜型になってしまった生活でも人でも、意識するだけで少しずつでも改善できます。
急に朝方にはできくても、決まった時間に決まった行動をとることは可能です。
たったそれだけのことでも、自律神経にとって負担が軽くなります。

 

食事のバランス

食事に関しても、同じ事が言えます。
一日三食とれない方は、一日二食でも良いので決まった時間に栄養バランスを考えた食事を摂りましょう。
疲れやだるさをとるのに効果的なのは、ビタミンCと鉄分を摂取することです。
だるいなと感じたら、果汁100%のオレンジジュースを飲んでみてください。

 

加えて、ほうれん草やレバーなど、鉄分を多く含む食品を食べるように心がけましょう。

 

身体を休めても治らないだるさは、生活習慣や食事が原因かもしれません。
症状が軽いうちにできることから始めて見て下さい。
体内時計を整えることが、一番の健康法である場合もあります。